スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2013年06月11日

正しいツボの押し方

ツボの押し方、あなたはご存知でしょうか。

人間の体はつねに万全とはいきません。目が疲れるときもあります。足がだるくなるときもあります。肩がこるときもあります。いろいろな不調が体には起こるものです。

わたしは体調が悪いときはツボ押しを行うことで楽になっています。

これは何も私だけでなく、多くの人が誰に習ったわけではなく自己流でツボを押しているのではないかと思います。

人に習わずとも適切なツボ押しができている人も中にはいるでしょうが、間違えたツボ押しをやっている人もいます。

そこで、今回はツボ押しの効果を誰でもが得られるように、正しいツボ押しのコツをご紹介したいと思います。


■ツボってどこにあるの?

肝心のツボですが、どこにあるのでしょうか。多くのツボは骨の脇にあります。神経が集まっている神経の集合場所がツボです。骨のきわを触っていくと痛いけど押すと気持ちが良いという場所がみつかります。そこがツボです。


■どれぐらいの強さでツボは押したほうが良いのか?

ツボは強く押せば良いのではありません。ゆっくりと押しましょう。時間にして5秒ほどです。強くて早く押すのは効果が期待できません。ゆっくりです。

強さは気持ち良いと思える程度の強さです。軽く痛いが気持ちが良いというのはOKです。ただ、それをとおりこして痛くなるほどの強さは逆効果になってしまいます。

さらに効果を上げるには、呼吸が大切です。ツボを押すときは息を吐くことで、筋肉をリラックスさせましょう。戻すときに息を吸いましょう。

以上のポイントを忘れずにツボ押しをすると、今までよりも効果があるはずです。ツボ押しは無料でできる健康法です。ぜひツボ押しの達人になってください。  


Posted by hoeru at 19:18Comments(0)健康管理